1. TOP
  2. ツイッター
  3. ツイッターbot作成時に注意するポイントは?完全自動になる?

ツイッターbot作成時に注意するポイントは?完全自動になる?

ツイッター メディア構築 この記事は約 9 分で読めます。

ツイッターのフォロワーの増やし方や、増やすことのメリットは過去に記事でまとめました。

 

今回は効率的にフォロワーを増やすことができる、ツイッターbotの作り方について解説します。

ツイッターのbot(ボット)って何?

まずはそもそもbotとは何なのかということですが、これは自動で発言するツイッターアカウントのことです。

時間を指定したつぶやきを始め、自動でユーザーにリプライしたり、DMを返したり、特定のメッセージに反応したりなど、アカウントによっては様々な機能を持っています。

 

ちなみにbotはロボット(ROBOT)から来ているそうです。
ボットの知名度を向上させたのが、こちらの松岡修造さんのbotだと言われています。

修造bot
2014-05-11_203742

 

あまりのリアルさ、熱さに、本物と間違えてリプライしたり、フォローする人が続出したんだとか。
それ以来有名人の情報発信や面白画像、偉人の言葉などなど、様々なbotが出現しています。

 

ツイッターのbot(ボット)の作り方

原則として、ツイッターのアカウントが必要

自動で何ていうと難しそうに感じますが、botの作り方自体はそこまで難しいものではありません。
そういうサービスを提供しているサイトが幾つかあり、そこに登録すればすぐにでも作ることはできます。

ちなみに僕はtwittbotをオススメしていますので、今回はtwittbotでの作り方を解説します。

 

まずは当たり前ですがツイッターアカウントが必要になりますので、まだ持っていない方はこちらを参照して作成してください。

 

bot作成にあたってはtwittbotのサイトにアクセスして、「LOGIN」をクリックします。

2014-05-11_202621

 

すると画面認証になりますので、プルダウンで対象の数字を選んでください。

2014-05-11_204507

 

「送信」はクリックしなくても良いはずですが、進まない場合はクリックして先に進みます。

そして次の画面でまた「LOGIN」をクリック。

2014-05-11_204638

 

すると認証画面に進みますので、「連携アプリを認証」をクリックしてください。

2014-05-11_204727

 

この画面になれば、botの作成準備は完了です。
今後使う時も基本的に同じような入り方をします。

そしてtwittbotでbotを自動でつぶやく場合、大きく2種類のつぶやき方がありますので、タイプ別にそれぞれ紹介していきます。

 

ツイッターbotのつぶやき方①時間や曜日を指定してつぶやく

この場合はtwittbotにログインして「時間指定」をクリック。

2014-05-11_204829

 

時間指定の中でも種類があり、「日付指定」は日時を具体的に指定してピンポイントにつぶやけます。

2014-05-11_205418

 

例えば2015年1月1日00:00に「あけおめ」とつぶやきたい場合、

2014-05-11_210143

 

上記のように入力して「つぶやき追加」をクリックすると、このように登録されます。

2014-05-11_210156

 

「曜日指定」は曜日と時間を指定してつぶやけます。

2014-05-11_205455

 

例えば毎週月・水・金の19:00に「燃えるごみの日」とつぶやきたい場合、

2014-05-11_210453

 

上記のように入力して「つぶやき追加」をクリックします。
すると、このように登録されます。

2014-05-11_210503

 

どちらも登録しているつぶやきを消したい場合は、「削除」をクリックすればすぐに消すことができます。

日付も曜日も複数行入力がありますが、ここはおとなしく一行入力を使った方が良いと思います。
ちなみに改行は使えません。

 

ツイッターbotのつぶやき方②一定の時間の間隔でつぶやく

一定の時間間隔でつぶやきたい場合は、「詳細設定」をクリック。

2014-05-11_204829

 

するとつぶやき方や自動フォローなど、様々な指定ができます。
時間の間隔は30分以外は1時間刻みで、最大24時間間隔で自動でつぶやき可能。
ただ時間については個人的に1時間間隔をオススメします。

 

僕もある程度の期間使ってきましたが、30分だと少し間隔が短すぎるような印象です。
それ以外の設定は基本デフォルトで良いと思います。

自動フォローのチェックもあるんですが、何だか作動してるんだか作動してないんだか・・・(笑)。

 

ともあれ設定が終わったら「つぶやき」をクリックしてください。

2014-05-11_204829

 

するとつぶやきの登録画面に進みますが、基本的に時間指定の時と登録方法は同じです。

2014-05-11_211513

 

今更ながら念のため書いておくと、つぶやきは140文字までです。
オーバーすると登録できませんので、字数は絞ってくださいね。

そしてこちらの場合は複数行登録でも良いと思います。

2014-05-11_211540

 

注意書きがある通り1行1つぶやきになり、複数だと字数のカウントはありませんので、140文字以内であることを事前に確認しておいてください。

 

ツイッターbotはプロフィールとか、何でもテキトーでOK?

「botだから」
「自動だから」

といってろくにプロフィールを書いていなかったり、画像すらテキトーに設定しているbotを見かけます。

 

当然ですがそんなんでフォロワーが集まるはずはありません。

botだろうがなんだろうがツイッターアカウントであることに変わりは無く、手を抜いたら普通のアカウントと同じようにフォロワーなんか集まりません。

 

botでも属性を絞ったり、属性にあった画像を設定したりなど、フォローしたくなるようなアカウントを目指すことは必須です。

 

そのためのポイントは下記にまとめてありますのでご参照ください。

 

合わせてbotの場合はプロフィールに、botであることがわかるような文章を書いておきましょう。

「~について定期的につぶやくbotです」
「~の情報を自動的につぶやくアカウントです」

などの文章ですね。

 

ツイッターbotでつぶやく内容は?

次に肝心なbotでつぶやく内容です。

 

フォロワーが集まりやすく、比較的反応が良いのは、

・役立つ情報(豆知識や雑学)
・面白いネタ(画像や文章)
・名言(偉人、スポーツ選手、アニメやマンガのキャラクター等)

などが挙げられるんじゃないでしょうか。

 

ツイッターのユーザーはあまり長い時間を拘束されたくない方が多い印象で、音声や動画よりもぱっと見て面白いとか、すぐに反応できるコンテンツを好む傾向があるようです。

こういうネタは「面白ツイート」「名言」などの言葉でネット上で検索したり、実際にそういうbotもあるので調べてみるとネタは簡単に見つかります。

 

ただ、つぶやきであってもやはりコピペはNGです。

引用元を明らかにするか、元のつぶやきにツッコミや自分の考えを入れるなど、そのまま使わないようにしましょう。

 

ツイッターbotで必要な数は?登録したら全自動?

つぶやきの数は諸説ありますが、少なくとも100は欲しいところです。

本当はそれ以上の数を登録しておいて、しばらく様子を見た後反応が悪いツイートを削除するのが理想ですけどね。
とりあえず100は用意しましょう。

 

でもつぶやきを100登録したからといって、botは完成ではありません。
やはり同じことばかりをつぶやいていると段々と飽きられてしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。

最初は最低100で良いですが、やはり反応が悪いツイートは少しずつ削り、新たなつぶやきを追加していくようにしましょう。
プロフィール画像も定期的に変えていくと、より反応は良くなります。

 

これすらも面倒だと思ってしまう方は、一度手動のbotのようなことをしてみると良いんじゃないでしょうか。
1日3ツイートでも良いので全て違う内容で、面白いかためになるツイートを1ヶ月欠かさずやってみてください。

botのありがたみがわかると思います(笑)。

 

ある程度のメンテナンスが必要とは言っても1、2ヶ月に1回ぐらいでOKなので、一度作れば後はかなり楽になりますので、まずは頑張りましょう。

 

ツイッターbotの全てを自分で作れれば理想的

すごーく当たり前のことですが、自分でオリジナルのつぶやきを作れればそれがベストです。
過去の記事で最低100つぶやきは必要だと書きましたが、人によってはさらっとそれぐらいできてしまうかもしれません。

ただ、私はできませんけどね。。。
そういうつぶやきはbotじゃないアカウントのためにとっておいて、botは素材を集めてきても良いんじゃないでしょうか。

 

とは言っても、そう簡単にbotのつぶやき集を作れるわけでもないですけどね。
素材があったとしても100のつぶやきをbotで稼動できる状況にするためには、それなりの苦労がありますのでその点は覚悟が必要です。

 

ツイッターbotで人気があるものは?

botで人気があるものとしては、次の3つが挙げられます。

・面白いもの(画像、つぶやき)
・名言・格言(芸能人、偉人、スポーツ選手、アニメキャラ等)
・役に立つ情報(豆知識、生活の知恵など)

 

他にもありますが、やはり上位を占めるのはこの3つでしょう。
比較的反応も良く、リツイートも期待できるので、反応があるものを集めればフォロワーも増えやすいはずです。

このあたりは「ツイッター bot 人気」などで検索すると色々出てきますので、どんなものが人気なのかリサーチしてみてください。

 

もし他にもっと反響がありそうなbotが思い浮かべば、それを試してみるのも良いと思います。
ただあくまでも属性を外れないようにしてください。

面白系のbotなのに名言や格言ばかりをつぶやいたり、名言や格言のbotなのに役立ち情報ばかりをつぶやくなど、かみ合っていないものはNGです。

 

他の人のつぶやきはそのまま使わない

ネタはどこかから探してきても良いと思いますが、他の記事でも書いている通り、そのまま使うのはNGです。
つぶやきに著作権はありませんが、人によっては気にしたり、スパム扱いされて凍結なんてリスクもあったりしますので。

面白系のつぶやきや画像には自分でツッコミを入れたり、名言にも感じたことを付け加えるのが手っ取り早いと思います。

 

例えばこんな画像があったとしたら、画像をアップした上で、

サッカー面白画像

「ひざまくらがそんなに嫌なら、すねで我慢するよ」

 

というつぶやきを付け加えるとか、ってことですね。
こういうのを最低でも100作るんですから、最初はかなり大変なんですよね・・・。

ただできてしまえば基本はほとんど自動ですし、最初にこういう苦労をすると次のbotを作る時にはもっと楽です。

 

まずは生みの苦しみを味わっていきましょう。
その後は楽になります!

 

30日間で資産構築サイトを作るプログラムへのお誘い

30日間で資産構築サイト=オウンドメディアを作るプログラムを始めました。

登録の特典として、プレゼントを3つご用意しています。

 

1:【初期投資ゼロ】手っ取り早く5万円稼ぐ方法

何事もまずは資金から。
過去に作成したものですが、タイトル通り初期投資ゼロでもカンタンに5万円稼ぐための方法をレポートにまとめています。

 

2:ツイッターAtoZ (74ページ)

特に初期のアクセス集めにツイッターは非常に有効です。

AtoZの名の通り、ツイッターアカウントの作り方からプロフィール作成のコツ、フォロワーの増やし方などを、74ページに渡って詳しくまとめたレポートです。

 

こちらも過去に作成したものではありますが、現在でも十分に活用できます。

 

3:スカイプでの個別コンサル (2時間×1回)

通常コンサルは1時間5,000円で受けていますが、2時間分、つまりは実質10,000円を差し上げます。

1年間で10以上のクライアントに携わり、アクセスや売り上げアップに貢献してきたノウハウをお伝えさせていただきます。

あとは、狙ったキーワードで1位を獲る方法も。

 

ご登録をお待ちしております。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ツイッターブレインの評判と衝撃。他のツールとの大きな違いは?

  • トレンドサイトの記事は、現在・過去じゃなくて未来の視点が大事!

  • これだけで反応が変わる!ツイッタープロフィール作成のコツまとめ

  • AGDRecの使い方を解説!手軽にデスクトップ録画して動画作成

  • グーグルのペナルティの解除は絶望的かもしれないと感じ始めた

  • 失敗しないサーバー選びと、鉄板の独自ドメインとは?