1. TOP
  2. ツイッター
  3. ツイッターアカウントも、やっぱりターゲットが大事!

ツイッターアカウントも、やっぱりターゲットが大事!

ツイッター メディア構築 思考・マインド この記事は約 7 分で読めます。

どうも、安宅です。

今回は僕がオススメするツイッターで、アカウントを作る時の注意点についてお話しします。

ツイッターアカウントを作る時に大切な基本スタンス

一口にツイッターアカウントを作ると言っても、実は工程はいくつかに分かれていて、それぞれに気を配るべきポイントはあります。
ですので順を追ってポイントをお話ししていきますね。

ポイントをご説明する前に、まずは基本的なスタンスのお話。

 

”あなたがそのアカウントをフォローしたくなるか”というのが大事です。

 

広告ばっかりつぶやいていたり、
逆にまったく何もつぶやいてなかったり、
プロフィール画像が初期設定のままだったり、
プロフィールの文章が無かったり、
アカウント名が意味不明だったり、

そんなアカウントをフォローしたくなりますか?っていうことです。

 

いくらツイッターが匿名だとしても、普通はそんなアカウントに魅力は感じないですし、フォローしたいとも思わないですよね。
基本的なことではあるんですが、そのあたりは意識をしてみてください。

 

ツイッターアカウント作成時の注意点1、アカウントでもやはり大事。ペルソナを決める

厳密に言えばペルソナほどに限定しなくても良いですが、ある程度のターゲットとなる年代や、ジャンルは決めておいたほうが良いですね。
ただ、オウンドメディアとの連動ですので、オウンドメディアのコンセプトなどをそのままツイッターに持ち込んでも構いません。

ですがオウンドメディアのジャンルが広かったり、ツイッターの年齢層に合致しないものが多いのであれば、ある程度絞ったほうが良いです。

 

以前にお伝えしましたが、ツイッターをメインで使っている年齢層は10代~20代前半。
かなり若いというのを覚えておいてください。

 

ちなみに、ターゲットを絞れていないものと絞れているものを具体的に比較すると、下記のようになります。

「1.サッカー、野球、テニスなど、スポーツ全般好きです。
他にゲームとか漫画とかビリヤードとかカラオケ、
ショッピングも好きなので、どれか趣味が会う人は声かけてください。」

 

「2、サッカーが好きで、観戦するだけじゃなくて自分でもやってます。
国内海外問わずに好きですが、ドリブルが上手い選手が好きで、
今は特に香川選手が気になります。
来年はW杯ですし、気軽にサッカー談義しましょう。」

 

2の方がターゲットを絞れていることは、一目瞭然ですよね。
やっぱりここでもオウンドメディアのコンセプト同様、広げすぎないほうが良いです。

ただ、あんまり絞りすぎるとフォロワーが集まりにくくなりますので、そのあたりは多少のさじ加減が必要ですね。

 

あとは先ほどお伝えしたとおり、

アカウント名
プロフィールの文章
プロフィール画像
ヘッダー画像

は設定しておきましょうね。

 

当然、設定すれば何でも良いわけではなく、ターゲットに適したプロフィールやヘッダー画像が必要です。
例えばスマホなどの情報をつぶやくアカウントなのに、ヘッダー画像が自然の風景だったりするとおかしいですよね。

つまりは、そういことです。

 

そしてツイッターにおいても、人マネは非常に有効です。
競合となるアカウントや、あなたが良いと思うアカウントなどをいくつか見つけて、良いと思う要素は自分のアカウントに活かしましょう。

プロフィールの書き方などはなかなかピンと来ないでしょうから、特に有効ですね。

 

ただ誰かが書いたイラストだったり、文章を丸パクリしたりするとすぐに見つけられ、炎上してしまう可能性もありますので、あくまでもあなたの色を入れていってください。

 

ツイッターアカウント作成時の注意点2、あなたが決めたターゲットに合ったつぶやきを

次につぶやく内容ですが、基本的にはあなたが決めたターゲットに合ったつぶやきをしましょう。
20~30代男性向けのアカウントなのに、女性のファッションや化粧品のことをつぶやいても意味はないということです。

「彼女に教えてあげよう」みたいな感じでたまになら良いかもしれませんが、そんなことばっかりをつぶやいているとフォロワーも違和感を覚えてしまいますので。

 

そして、”定期的につぶやく”ことが大切です。

ツイッターのスピード感はとんでもなく早いので、1週間も2週間も経つと、あっという間につぶやきは過去のものに成り下がってしまいます。
1日に数十回、数百回とは言いませんが、2~3回は最低でもつぶやきたいところですね。

 

ツイッターの文字数は140文字。
まずはつぶやくことを習慣にしましょう。

 

ただ、定期的につぶやいたにしても、

「疲れた」
「晩御飯何にしよう」

など、正直どうでも良いような内容ではなかなかフォロワーは増えません。

 

あとは、オウンドメディアの記事ばっかりを流したり、広告ばっかりを流すのもNGです。

ここは先ほど書いた”あなたが、そんなアカウントをフォローしたいか”という観点が大事ですね。

 

比較的反応がもらいやすいのは、

面白いつぶやき
面白い画像
役立つ情報
名言

などが挙げられます。

 

あとはオウンドメディアのコンテンツの中でポイントとなることや、まとめ記事なら項目の抜粋とかもいいですね。
名言であれば引用して自分の意見も書くなど、「フォローしたい」と思われるつぶやきを意識しましょう。

 

ツイッターアカウント作成時の注意点3、定期的なつぶやきの強い味方。twittbotがオススメ

ただ、毎回新しいつぶやきを考えていくのは相当に骨が折れます。
あなたが苦にならないなら良いんですが、少なくとも僕はキツイです(笑。

 

あなたももしキツイと感じるのであれば、定期的なつぶやきの強い味方として、twittbotをオススメします。

 

twittbot

 

twittbotは、ツイッターのbotを作れるサイトです。
ツイッターのbotというのは、自動でつぶやきをするツイッターアカウントのことを指します。

ツイッターで色んなアカウントを探してもらうと、「bot」という言葉がついているアカウントに出くわすと思いますが、それがツイッターbotです。

 

botという存在を知っているツイッターユーザーは結構いますが、その作り方を知っているユーザーは意外と少ないんですよね。

「とんでもないシステムを組んでる」と思われがちですが、実はサイト上で気軽に作成できます。
システムそのものを自分で作ろうと思ったら大変でしょうが、twittbotは無料でツイッターbotを作れてしまいます。

 

botの作成については、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

ツイッターアカウント作成時の注意点4、ツイッターアカウントを複数作るのも1つの方法

botがあれば、ツイッターアカウントを複数作るのも1つの方法ですね。
ツイッターは公式に複数アカウントの所有を認めています。

 

ただ、複数アカウントを作る時には注意点が2つあります。

・メールアドレスは別のものを用意する
・1日以上空ける

 

メールアドレスについては注意点というか、同じアドレスでは登録できません。

メールアドレスが1つしかないのであれば、僕はヤフーメールを作ることをオススメしています。
作成方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

思いの外長くなってきましたので、フォロワーの増やし方と裏技、凍結の傾向と対策などについては、また別の記事でお話しします。

 

30日間で資産構築サイトを作るプログラムへのお誘い

30日間で資産構築サイト=オウンドメディアを作るプログラムを始めました。

登録の特典として、プレゼントを3つご用意しています。

 

1:【初期投資ゼロ】手っ取り早く5万円稼ぐ方法

何事もまずは資金から。
過去に作成したものですが、タイトル通り初期投資ゼロでもカンタンに5万円稼ぐための方法をレポートにまとめています。

 

2:ツイッターAtoZ (74ページ)

特に初期のアクセス集めにツイッターは非常に有効です。

AtoZの名の通り、ツイッターアカウントの作り方からプロフィール作成のコツ、フォロワーの増やし方などを、74ページに渡って詳しくまとめたレポートです。

 

こちらも過去に作成したものではありますが、現在でも十分に活用できます。

 

3:スカイプでの個別コンサル (2時間×1回)

通常コンサルは1時間5,000円で受けていますが、2時間分、つまりは実質10,000円を差し上げます。

1年間で10以上のクライアントに携わり、アクセスや売り上げアップに貢献してきたノウハウをお伝えさせていただきます。

あとは、狙ったキーワードで1位を獲る方法も。

 

ご登録をお待ちしております。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • グーグルのインデックスから記事やコンテンツを削除する方法

  • 【一筋縄ではいかない】ツイッターフォロワーの増やし方とそこに潜む凍結リスク

  • 好奇心や自由に勝るものは無し。FCが高い人生はやっぱり楽しい

  • たかみなAKB卒業で、トレンド記事をどう書く?後継者や今後は?

  • アドセンス広告には枚数制限がある?広告配置のポイントは?

  • はてブ拡散の失敗談。本質理解と表面理解の大きな違いと差