1. TOP
  2. メディア構築
  3. アドセンス広告の7大禁止事項!操作や設定で注意すべき点とは?

アドセンス広告の7大禁止事項!操作や設定で注意すべき点とは?

メディア構築 この記事は約 6 分で読めます。

グーグルアドセンスは収益率が高い広告ですが、そのためなのか何なのか厳しい条件が色々とあります。
グーグルアドセンスについては、こちらにまとめています。

 

今回はアドセンスを設置するブログにおいて、避けるべき記事の内容について解説します。

目先の利益にとらわれず、長期的な視点を!

アドセンスはうまく使えれば、長く安定した収益をあげることができます。

しかしブログを作りたての頃は中々アクセスが集まりませんし、ブログの力も弱いため、ついつい奇抜な記事や過激な内容に頼りたくなります。

 

その気持ちは非常に良くわかりますし、実際僕も少しそんなのに走っていました。

ですが目先の利益を優先してアドセンス停止になったり、最悪の場合には取消になったという話は色々な人から聞いてますし、当たり前ですがその人たちの落ち込み様は半端じゃありませんでした。

 

人によってはそれでビジネスから離れてしまったという事例もあります。
10万20万稼いでいたサイトが無価値になるだけでなく、収益も全額没収ですからね。

精神的なショックは相当なものだというのは、想像に難くないです。
なので記事作成にあたっては、注意するに越したことはないでしょう。

 

条件も厳しくはありますが、難しくて全然わからないようなものではなく、意識すれば十分に気をつけることはできます。

では避けるべき内容についてあげていきます。

 

グーグルアドセンスで避けるべき記事1:自殺、犯罪、麻薬、タトゥー、暴力団など、暴力的な内容

これはネタにするのもタイトルをつけるのも避けてください。
事故や、有名人が亡くなったという話ならOKです。

 

グーグルアドセンスで避けるべき記事2:酒、居酒屋など

「酒」や「飲み」などの単語なら良いですが、「ビール」「ウイスキー」「焼酎」などの具体的な単語は避けてください。

確かアルコール度数云々で書いて良いものと悪いものがあるという話も聞きましたが、かなり細かい制限だったので、丸ごと避けた方が無難です。

 

グーグルアドセンスで避けるべき記事3:一般人、芸能人の深すぎる個人情報

会社の社長とか元芸能人とかなら良いですが、対象が一般の方の場合は名前も出さないでください。

芸能人についても実家が飲食店とか何かの店なら良いですが、詳しい住所まで特定する内容だと規約に引っかかる場合があります。

 

グーグルアドセンスで避けるべき記事4:男女問わず、肌の露出が多い画像

字で書くのは構いませんが、女性はもちろん男性であっても水着や肌が多く出ている画像はNGです。

ボクシングやサーフィンなど、健全なスポーツの画像も避けてください。
腹筋を写しているものもダメです。

 

女性の水着姿などはアクセスを集めやすいので、頭の痛いところではあるんですけどね。

 

グーグルアドセンスで避けるべき記事5:芸能人の画像や著作権に触れる画像

これもできれば避けた方が良いです。

芸能ネタのトレンドブログではあるんですが、芸能事務所からクレームがつくこともあるそうで、後々の手間を考えると最初から控えた方が無難です。

フリー画像や、文字などを使って加工した画像を使いましょう。

 

グーグルアドセンスで避けるべき記事6:性的、またはそれを感じさせる内容や画像

「キス」とか「エッチ」とか直接的な単語、画像はNGです。
「ラブラブ」「イチャイチャ」ぐらいなら良いですが、基本的にあまり踏み込んだ話にはしないでください。

以上のことを注意して作成すれば、アドセンス停止やアカウント取消をされるリスクはかなり減少します。

 

しかし規約は定期的に変わりますので、自分でもしっかりと把握しておくことが重要です。

 

グーグルアドセンスの7つの禁止事項

次にアドセンスの設定の仕方や行為の中で禁止されている、7つのことについて説明していきます。

グーグルアドセンスの禁止事項①厳重注意の自己クリック

自己クリックは読んで字の如く、自分で自分の広告をクリックすることです。

気持ちはわからないではないですが、「知らなかった」「間違えた」ではすみませんので特に気をつけましょう。

 

グーグルアドセンスの禁止事項②クリックの誘導

「クリック協力お願いします↓」
「面白かったらクリックしてください」

などと記事やサイト内に書くことです。

もちろん、そういう画像を使うのもダメです。

 

それと関連して、友人や家族にクリックをお願いするのもダメなので、注意しましょう。

 

グーグルアドセンスの禁止事項③コンテンツ不足

これは単純に記事数や記事の文字数が少ないということだけでなく、コピペやリライトが多いこともこれに該当します。リライトというのは元々ある内容を自分なりに編集して、書き換えること。

コピペやリライトの場合は「オリジナルコンテンツの不足」という扱いになりますので、文字数さえあれば良いという訳じゃないんですよね。

 

最近規約もかなり厳しくなっていますので、極力自分の考えた内容を増やしていくように意識することが大切です。

 

グーグルアドセンスの禁止事項④1ページの表示数は3つ

意外と知られていないようですが、「アドセンス広告は1ページに3つまで」という決まりごとが存在しています。

すごく当たり前のことですが4つ以上広告があれば警告がきますので、1ページに表示されている広告の数をきちんとカウントしておきましょう。

 

トップだけでなく、個別記事のページにも気を配ることが大切です。
これも意外と見落としがちなので。

 

グーグルアドセンスの禁止事項⑤広告のタグをいじらない

アドセンス広告のサイズや内容を勝手に書き換えることは、規約違反にあたります。

クリックしやすそうな大きさだったり、凄く大きくしたくなるかもしれませんが、提供されたタグをそのまま使うようにしましょう。

 

グーグルアドセンスの禁止事項⑥誤クリックを誘うような表示

タイトルのすぐ下に広告を表示したり、画像と並ぶように表示するようなやり方はNGです。

これに付随して、スマホで一画面全部が広告を占めるような表示についても、最近はペナルティを受けている事例が多く存在します。

 

実際僕も受けました。。。
パソコンとスマホでは広告のサイズを変えるようにしましょう。

 

グーグルアドセンスの禁止事項⑦特殊な方法での表示

広告がいきなり浮かび上がるように表示させたり、スライドするように表示させたりなどなど。

クリック率は収益に大きな影響を与えますので、どうにかして増やしたくなる気持ちはわかりますが、停止や取消になれば一発アウトです。

 

長期的な収益確保のためにも、それ以外でクリックを高める工夫をしましょう。

 

以上7点は最低限注意して、サイトやコンテンツの作成にあたることが重要です。

 

30日間で資産構築サイトを作るプログラムへのお誘い

30日間で資産構築サイト=オウンドメディアを作るプログラムを始めました。

登録の特典として、プレゼントを3つご用意しています。

 

1:【初期投資ゼロ】手っ取り早く5万円稼ぐ方法

何事もまずは資金から。
過去に作成したものですが、タイトル通り初期投資ゼロでもカンタンに5万円稼ぐための方法をレポートにまとめています。

 

2:ツイッターAtoZ (74ページ)

特に初期のアクセス集めにツイッターは非常に有効です。

AtoZの名の通り、ツイッターアカウントの作り方からプロフィール作成のコツ、フォロワーの増やし方などを、74ページに渡って詳しくまとめたレポートです。

 

こちらも過去に作成したものではありますが、現在でも十分に活用できます。

 

3:スカイプでの個別コンサル (2時間×1回)

通常コンサルは1時間5,000円で受けていますが、2時間分、つまりは実質10,000円を差し上げます。

1年間で10以上のクライアントに携わり、アクセスや売り上げアップに貢献してきたノウハウをお伝えさせていただきます。

あとは、狙ったキーワードで1位を獲る方法も。

 

ご登録をお待ちしております。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アドセンス広告には枚数制限がある?広告配置のポイントは?

  • 外注のメリットとデメリットは?手動から自動化への道のりとオススメはランサーズ

  • 【今さら聞けない】ネットビジネスやパソコンなどの専門用語をまとめてみた

  • WordPress Related Postsの設定方法を解説!

  • ツイッターを活用して、初期のオウンドメディアのアクセスにブーストをかける!

  • 【一筋縄ではいかない】ツイッターフォロワーの増やし方とそこに潜む凍結リスク