1. TOP
  2. メディア構築
  3. アドセンス広告には枚数制限がある?広告配置のポイントは?

アドセンス広告には枚数制限がある?広告配置のポイントは?

メディア構築 この記事は約 3 分で読めます。

トレンドを始めたばかりの方に話を聞くと、意外と意識している人が少なかったのは、アドセンス広告の枚数。

気にせずバンバン貼っている人がいるんですが、実はこれって枚数制限があるんです。

1画面に3枚まで

その枚数とは、3枚。

グーグルのものは非常に参照しにくいんですが、実はこれは利用規約にも書いています。

1 ページに配置可能な広告の上限

 

どうしてこの枚数なのかはわからないんですが、一応決まってしまっています。
前にトレンドを教えた人は、1画面に5つも配置していたので、それも早速突っ込んだところでした。

そんなのでペナルティをもらってしまったらつまらないですからね。

それに広告をたくさん配置することによって起こる、悪影響というのもあるんじゃないでしょうか。

 

あんまり広告が目立ちすぎるサイトって、自分がアクセスしたとしたらどうですか?
良い気分ではないですよね?

それと関係ないかもしれませんが、私はFacebookでイチイチ「いいね!」を押させるリンクに、かなりイラッときます。。。

 

ともあれ、何事も過剰なのは良くないんじゃないかと。
でもこれって、良いことでもあると思うんですよね。

どのぐらい広告を貼れば良いかなんて、そんなに皆ピンとくるものじゃないですし、数が決まってれば割り切れるというのもあるんじゃないかと。

ということで、あくまでも3つ以内に広告は収めましょう。

 

オススメの広告の配置は?

お伝えした通り一画面につき、広告は3つまでです。

トップは好きに配置してもらっていいと思いますが、記事ページのオススメとしては、
上段、記事途中、下段
という配置。

 

特に記事途中は重要だと思います。
トレンドの記事は最後まで読ませることが重要ですが、やはりそこまでいかない方も確実にいます。

そんな時に、記事途中の興味を引きそうな段階で広告を入れられると、クリック率というのは結構上がるんですよね。

 

こればっかりは予測が難しいですが、記事途中に広告を入れるために簡単な方法は、こちらの記事にまとめています。

 

ただここで注意しなければいけないのは、サイドバーに広告を入れないこと。
当たり前ですが、上段、記事途中、下段で広告3つです。

でも私が実践してきた限りでは、サイドバーに入れるよりも記事途中の方が、確実にクリック率は高かったです。
最近はスマホからのアクセスが多いんですが、特にスマホで見ている人には記事途中が効きます。

 

ともあれ、
・アドセンス広告は1画面に3つ。
・広告は記事途中にも入れる。

ここが重要です。

 

30日間で資産構築サイトを作るプログラムへのお誘い

30日間で資産構築サイト=オウンドメディアを作るプログラムを始めました。

登録の特典として、プレゼントを3つご用意しています。

 

1:【初期投資ゼロ】手っ取り早く5万円稼ぐ方法

何事もまずは資金から。
過去に作成したものですが、タイトル通り初期投資ゼロでもカンタンに5万円稼ぐための方法をレポートにまとめています。

 

2:ツイッターAtoZ (74ページ)

特に初期のアクセス集めにツイッターは非常に有効です。

AtoZの名の通り、ツイッターアカウントの作り方からプロフィール作成のコツ、フォロワーの増やし方などを、74ページに渡って詳しくまとめたレポートです。

 

こちらも過去に作成したものではありますが、現在でも十分に活用できます。

 

3:スカイプでの個別コンサル (2時間×1回)

通常コンサルは1時間5,000円で受けていますが、2時間分、つまりは実質10,000円を差し上げます。

1年間で10以上のクライアントに携わり、アクセスや売り上げアップに貢献してきたノウハウをお伝えさせていただきます。

あとは、狙ったキーワードで1位を獲る方法も。

 

ご登録をお待ちしております。

\ SNSでシェアしよう! /

LSCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LSCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ユーチューブで爆発したトレンド記事を分析・解説してみた

  • ”ストレスを感じさせない”ことが、オウンドメディアでは大切!

  • ツイッターbot作成時に注意するポイントは?完全自動になる?

  • オウンドメディアとは、一冊の雑誌であれ

  • トレンドサイトの記事に芸能系を勧める3つの理由について解説!

  • グーグルのペナルティの解除は絶望的かもしれないと感じ始めた